会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座
文書作成日:2018/12/10



 平成31年1月から個人納税者のメッセージボックスに格納される申告等データの閲覧に、電子証明書が必要となりました。


出演:  ・・・M社 社長   ・・・顧問税理士



― M社 社長室にて ―

M社社長と顧問税理士が、打ち合わせを行っています。




 それでは、平成30年分の確定申告については以上の申告内容でよろしいでしょうか?




 そうだね。




 承知いたしました。
 ご用意いただきたい資料を一覧表にしてお渡ししますので、ご準備のほど、よろしくお願いいたします。




 妻に渡してくれる?




 承知いたしました。




 よろしく。




 ところで、社長と奥様の確定申告はe-Taxにより送信、つまり電子申告により提出しております。
 実際のところ私が代理送信をしておりますが、この電子申告に関して1点お願いがございます。




 何かあるの?




 実は、来年1月(平成31年1月)から、個人納税者のメッセージボックスに格納される申告等データの閲覧には、従来のパスワード認証の他に電子証明書が必要となりました。




 電子証明書?




 たとえば「マイナンバーカード」が該当します。




 マイナンバーカードは持ってないなぁ。




 そのような場合に備えて、税務代理を委託している税理士等にこのデータを転送できるよう、来年1月、e-Tax内に設定が施される予定です。




 転送設定するにも電子証明書が必要なの?




 いえ。
 転送設定は、従来からのe-TaxのIDとパスワードのみで手続きをすることが可能なようです。




 転送設定は誰がするの?




 基本的な転送設定方法として、まず社長が自身のe-TaxのIDとパスワードでe-Taxにログインします。そして、転送先である私のe-TaxのID等を入力します。
 その後は、私が私のe-TaxのIDとパスワードでe-Taxにログインし、承認することで転送設定が完了します。
 これは一度設定してしまえば、以後は設定不要のようです。




 年明けからってことだよね?




 そのようになります。
 平成30年分の確定申告を行うに当たり予定納税額等を確認したいのですが、この予定納税額の情報を含めた申告等のデータは、おそらく年明け早々にメッセージボックスに格納されると思われます。したがって、この転送処理を早く行っていただけますと、それだけ確定申告手続きが早く進みます。




 年明けは出張が多くて、暇がないんだよね。
 妻はITに弱いしなぁ。
 先生、妻に操作方法を教えてもらえるかな?




 承知いたしました。




 じゃあ、頼むよ。




 設定が施されましたら、なるべく早く伺うようにいたします。
 奥様のスケジュールも確認させていただくことになりますので、よろしくお願いいたします。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



前橋相続支援センター
  相続専門部門、あります。



■創業支援



【メニュー】










 
ご案内
税理士法人
田子会計事務所
 
(関東信越税理士会
 前橋支部 2807号)

代表税理士 田子一夫
税理士    田子宏美

〒379-2164
群馬県前橋市東上野町94

TEL:027-261-1816
FAX:027-263-4145

MAIL :
office-t.k@s3.dion.ne.jp


初回相談 無料です。




お気軽に
お問い合わせ下さい。
(担当:田子宏美)

毎月、無料での相談会も
実地しています。



副所長 田子宏美のブログ
(毎日更新しています) →